9種類のお花がマスト!京都の花の寺で有名な神社仏閣たち

こんにちは!

 

みなさんお花は好きですか?

京都では、

様々なお寺や神社でお花を見ることができます。

「京都の花の寺」

として知っておくと

京都観光が何倍にも楽しくなります。

三室戸寺のあじさい

6月がベスト!【あじさい寺】で有名な宇治でオススメのお寺、三室戸寺の御朱印情報

今回ご紹介するのは、

そんな京都で知っておきたい、

京都の花の寺についてです。

 

京都検定3級にも出題される、

「京都の花の寺」

その中で抑えておきたいのは、

以下の9種類のお花です。

①アジサイ

②梅

③カキツバタ

④キキョウ

⑤キリシマツツジ

⑥ハギ

⑦ハス

⑧ボタン

⑨ヤマブキ

それぞれの神社仏閣に、それぞれのお花があります。

京都の花の寺

歴史や背景についてご紹介していきます!

 

1:京都の花の寺、始まりは1200年前の平安時代

9種類の花の寺とそれぞれの京都の神社仏閣

京都の花の寺、

まずは9種類のお花とそれぞれの神社仏閣についてご紹介します。

①アジサイ=三室戸寺藤森神社

②梅=北野天満宮

③カキツバタ=大田神社

④キキョウ=廬山寺天得院

⑤キリシマツツジ=長岡天満宮

⑥ハギ=梨木神社

⑦ハス=法金剛院

⑧ボタン=乙訓寺

⑨ヤマブキ=松尾大社

それぞれ、

知っていると京都通

と言われるような神社仏閣ばかりですね。

 

特に松尾大社は、

京都五社にも選ばれている、

京都の西の守り神としても知られています。

松尾大社

美しい借景!?京都五社の一つ、松尾大社の御朱印と参拝情報をご紹介

②桜の木が100本以上ある「勝持寺」が京都の花の寺で一番有名

京都の花の寺としての始まりは、

「勝持寺=しょうじじ」

が有名です。

 

勝持寺は、

平安時代の僧侶、西行法師が出家した寺として知られ、

境内には、100本近くの桜の木があります。

 

そのことから、

「花の寺」

と呼ばれています。

 

勝持寺の桜は大半がソメイヨシノですが、

勝持寺に出家した西行によって手植えされた一株の桜は、

人々によって

「西行桜」

と言われ、

八重枝垂れ桜で、

勝持寺では有名な桜です。

2:個人的オススメ!京都の花の寺の1つ、「三室戸寺」

①京都の花の寺、三室戸寺はあじさいテーマパーク

京都の神社仏閣を100以上回ってきた僕自身が個人的にオススメな

京都の花の寺は、

三室戸寺=みむろどじ

京都の三室戸寺

京都府の宇治市にある三室戸寺は、

あじさい寺としても有名で、

毎年、6月の中旬から7月にかけて、

多くの人々で賑わいます。

アジサイ寺の三室戸寺

アジサイ寺として知られる三室戸寺の特徴は、

何と言っても広大な境内に広がる

あじさい園

たくさんのカラフルな彩りを見せる三室戸寺のあじさい園は、

あじさいのテーマパークです。

三室戸寺の紫陽花園

あじさいが観賞できる期間は1年のうちの短期間ですが、

ぜひ生きてるうちに一度は訪れたい、

京都の花の寺の1つです。

②花の寺とともに行く、京都の宇治周辺で欠かせない神社仏閣

京都の花の寺の1つとして、

あじさい寺で有名な、

京都の三室戸寺のある宇治市には、

オススメの世界遺産が2つあります。

「京都の世界遺産はこちらから」

迷ったら京都・奈良の世界遺産から!御朱印歩きの始め方をご紹介

1つは、

「平等院鳳凰堂」

平等院鳳凰堂は、平安末期の流行りの浄土庭園

こちらは、日本人なら知らない人はいないほど有名なお寺ですよね。

10円玉の裏に描かれる

平等院鳳凰堂を一度は見てみたい人も多いはずです。

お金のご利益があり過ぎる!平等院鳳凰堂のご利益、お守りについて

 

宇治市にあるもう1つの世界遺産が、

宇治上神社=うじがみじんじゃ

宇治上神社

こちらの神社は、

世界一人の少ない世界遺産として、

日本最古の国宝本殿などが有名です。

ぜひ一度訪ねてみてください!

 

また、

京都のお寺めぐりには、

ガイドブック

もあると

京都の御朱印巡りや観光が

何倍も楽しくなります。

 

京都の神社仏閣のガイドブックは、

何冊か読みましたが、

個人的にオススメなのが、

こちら!


興味のある方は是非手にとってみてくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!