モデルは唐の長安城、794年遷都の【平安京】京都の衰退と発展の歴史が呼び名を作った

こんにちは!

 

今回ご紹介するのは、

京都の歴史に欠かせない、

「平安京」

についてです。

1895年に平安遷都1100年を記念して建てられてた平安神宮

「なくよウグイス平安京」

で有名な平安京

平安京に遷都されたのが

794年というのは、

日本人なら誰でも知る歴史の知識ですよね。

 

今回は、

その平安京について、

京都検定にも出題される

「平安京の構造」についてご紹介します。

1:左右に分かれた平安京、それぞれの名称は「長安城」「洛陽城」という構造

①長安をモデルにした構造の、京の都「平安京」

794年(延暦13年)

10年前に平城京から長岡京に移されたばかりでしたが、

京都の地に都が遷都され、

「平安京」が生まれました。

 

平安京の遷都の際の視察では、

「地相」を占いました。

 

地相とは、

「四神相応之地」を表し、

北:玄武

南:朱雀

東:青龍

西:白虎

が配置されます。

京都を守る、四神獣

【四神相応之地】風水によって決められた4つの神。京都の市心中が平安京に配置された理由とは?

「地相」それぞれに合わせた地が見つかり、

京都・平安京への遷都が始まりました。

②現在にも繋がる京都の街の構造「碁盤の目」は、平安京から生まれた

平安京は、

計画的に作られた都市であり、

その規模は、

南北5.2km、東西4.5kmに達します。

平安京の構造(京都観光文化検定試験ガイドブックより)

モデルとなった「長安城」

と比べると、

3分の1程度ですが、

平安京は、

均等に分かれた

「右京」と「左京」

からなります。

右京と左京はそれぞれ、

右京:長安城

左京:洛陽城

と呼ばれていました。

現在にも残る、

「京都の碁盤の目の街並み」の基礎は、

平安京遷都の際にできていたようです。

(きれいに整備されたのは、秀吉による)

2:京都の平安京の幹は「朱雀大路」道の幅は約85mの構造

①平安京の入口に南の羅城門が建つ構造

壮大な規模の平安京の京都の構造、

南の「羅城門」から北に伸びる

「朱雀大路」は

道幅約85mの大通りで、

平安京の幹を成しています。

 

平安京は左右に分けられていて、

それぞれ

「東京(ひがしのきょう)」「西京(にしのきょう)」

と呼ばれ、

中国風に

東京→「洛陽城」

西京→「長安城」

とも呼んでいました。

 

大行政区のあった京都の平安京

その構造のそれぞれ行政区は、

大路や小路によって分断されていて

「条坊制」と呼ばれます。

②後に廃れた右京、その後「京」を表す言葉として「洛」が生まれる

西京・東京はそれぞれ、

右京・左京とも呼ばれていました。

平安京の左右両京が反映していたのはわずかな期間で、

1世紀が過ぎると右京が廃れていきました。

 

平安京の右京が廃れたその後に

「洛陽」と呼ばれていた左京が

平安京を表す言葉となり、

京を「洛」で表しました。

その結果、

「洛中」や「洛外」という言葉も生まれたそうです。

 

右京の衰退に伴って朱雀大路も狭小化し、

羅城門も倒壊後に再建されることはありませんでした。

3:平安京の構造と歴史を知れば、京都観光がさらに楽しめる

①平安京・右京の衰退と左京の発展が構造に変化をもたらす

京都の有名な観光地は、

東山エリアの清水寺など、

右京よりも左京に多い印象です。

【バリアフリー】京都の世界遺産、清水寺に車椅子で行く参拝情報・その①

京都の世界遺産「清水寺」

そのようなことも、

平安京の発展と、

右京エリアの衰退が関連しているのかも知れません。

その後戦国時代の豊臣家や

徳川家などにより様々な様子に整備されていき、

今現在の京都があります。

歴史を知ると、京都観光は楽しくなる

ことは間違いないです。

 

また、

京都検定の勉強に欠かせない、

「京都観光・文化検定試験 公式ガイドブック」

を見れば京都についてさらに詳しくなれます。


気になる方や、

京都検定の受験を目指している方は、

是非一度手に取ってみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

それではまた!