【バリアフリー】車椅子OK!京都・伏見稲荷大社のバリアフリー参拝情報・その①

皆さんこんにちは!

 

今回は足腰の悪い方でも

車椅子で行ける、

「バリアフリーな京都の伏見稲荷大社」

をご紹介します。

伏見稲荷大社にあるエレベーター入り口

京都・伏見稲荷大社は、

京都にある最も有名な観光地の一つで

全国に約3万ある稲荷神社の総本山です。

伏見稲荷大社

ご紹介する御朱印は4種類!伏見稲荷大社は16時までに行くのがオススメ

京都の観光地として一度は訪れたい

伏見稲荷大社ですが、

 

バリアフリーの工夫も日々増えています。

車椅子用のスロープや、

車椅子用のエレベーターなど

身体に不自由のある方にとっても

伏見稲荷大社を楽しめるようになっていて、

安心して参拝することが可能です。

 

伏見稲荷で一番有名な

「千本鳥居」

伏見稲荷の千本鳥居

伏見稲荷大社では、

こちらへの道のりもバリアフリーとなっていて、

車椅子で通ることができ

伏見稲荷大社の奥社まで参拝することが可能です。

 

この記事では、

京都・伏見稲荷大社

本殿から千本鳥居を通って奥社まで車椅子で向かう

「車椅子・バリアフリー参拝ルート」をご紹介します!

 

1:車椅子の方は、楼門の左からスロープで。伏見稲荷大社楼門からエレベーターまでのバリアフリールート

①車椅子で行く、伏見稲荷大社のバリアフリーな道のり

伏見稲荷大社に参拝するとまず見えてくるのが、

こちらの「楼門」

伏見稲荷大社・楼門

全国の神社にある楼門の中でも最大級で、

狐が迎えてくれます。

 

こちらの階段はかなり急なので、

足腰の悪い方、

車椅子で参拝する方は、

通行が困難です。

 

ですので、

楼門を通らず、

横のスロープのある道から伏見稲荷のハイライトである

千本鳥居を目指します。

横にあるこちらのスロープ。

2つ目のスロープが最も急です。

ここを上り切った後は、

そのまま真っ直ぐではなく、

右奥の方へ進んでいき、

バリアフリーのエレベーターを目指します。

すると

バリアフリーのエレベーターが見えてきます。

動画ですと、

よりわかりやすく見ていただけます。

②伏見稲荷大社のバリアフリーなエレベーターの注意点は、9時から15時までの時間制限

バリアフリーとなっていて、

車椅子で参拝可能な伏見稲荷大社ですが、

注意点が一つだけあります。

 

それが、

伏見稲荷大社のエレベーターの営業時間です。

伏見稲荷大社のエレベーター

伏見稲荷大社

バリアフリーなエレベーターの営業時間は、

9時から15時までとなっていて、

それ以外の時間帯は、

閉まっていますので、

伏見稲荷大社に車椅子で参拝される方は、

ご注意ください。

2:エレベーターから車椅子で千本鳥居を通って伏見稲荷大社奥社まで

①車椅子で緩やかな坂道を上る

エレベーターを降りて進んでいくと、

伏見稲荷大社の千本鳥居の入り口の右側に到着します。

車椅子用のルートから見える、伏見稲荷大社の千本鳥居

伏見稲荷大社の千本鳥居は、

本殿を超えた先から奥社までの約400mです。

伏見稲荷大社千本鳥居入り口

縁起のいい色とされる朱色をまとった

伏見稲荷大社の千本鳥居は、

今もなお増え続けています。

 

伏見稲荷大社全体が

稲荷山という山の中にあることもあり、

奥社までの約400mは、

緩やかな登り坂となっています。

 

ですが、

伏見稲荷大社の奥社までは、

段差はないバリアフリーなので車椅子でも通ることが可能です。

 

伏見稲荷大社の千本鳥居

介助される方は、

少し大変ですが、

参拝することは可能です。

②途中の分かれ道は、右側通行

伏見稲荷大社の千本鳥居を進んでいくと、

途中二つの分かれ道に差し掛かります。

伏見稲荷大社の千本鳥居の分かれ道

以前はこちらの分かれ道は、

両方通行可能でしたが、

伏見稲荷大社の観光客の増加によって

右側通行となりました。

 

車椅子で通る際は、気をつけてください。

 

二手に分かれた伏見稲荷大社の千本鳥居は、

そこまでの大きな鳥居とは変わり、

背の低い千本鳥居となっています。

 

通っていると、

朱色のトンネルを通過しているような感覚になり、

伏見稲荷大社の幻想的な空間に引き込まれます。

 

少しカーブになっていて、

先が見えないところも魅力的です。

伏見稲荷大社の千本鳥居

 

千本鳥居のトンネルを抜けると、

伏見稲荷大社の奥社に到着です。

こちらでは、

御朱印はもちろん、

「おもかる石」などの

見所があります。

 

伏見稲荷大社の奥社より先は、

階段が多い、稲荷山を登っていくことになりますので

バリアフリーとはなっておらず、

車椅子での通行は不可能です。

 

今回は、

伏見稲荷本殿の裏から

エレベーターを使って

伏見稲荷大社の千本鳥居を楽しめるバリアフリールートをご紹介しました。

 

次回は、

伏見稲荷大社奥社から

車椅子での帰り道のバリアフリールートをご紹介します!

 

 

それではまた!