【四神相応之地】風水によって決められた4つの神。京都の市心中が平安京に配置された理由とは?

こんにちは!

京都の都といえば、

誰もが知る

平安京ですよね。

平安神宮

794年に長岡京から平安京へ遷都された歴史は、

日本人なら誰でも習っているはずです。

 

その平安京ですが、

なぜ京都のあの地に設定されたかはご存知ですか?

 

平安京があの地に設置されているのには、

もちろん理由があります。

それには、

京都の地形と古代中国の風水が関係していて

特に「方位」や「地相」という

「四神相応の地」

に当てはまることから選ばれたとされています。

 

四神それぞれの名前と、

それに当てはまる、地形。

 

さらには、

それぞれの方角を守る神社についてご紹介していきます。

1:平安京遷都には四神や地相という理由があった

①平安京を守る四神とは、東西南北それぞれに当てはまる

中国の伝説上では、

方位や地相の吉凶を見る思想が「風水」と呼ばれ、

「四神相応之地」は、

風水において最も良い場所とされているそうです。

 

北に山、南に湖や海、

東に河川、

西に大道で囲まれた地が良いそうです。

 

東西南北それぞれを

「四神獣」が、それぞれ四方を守護すると言われています。

 

四神獣とは、

「北の玄武」「南の朱雀」「西の白虎」「東の青竜」を指します。

京都を守る、四神獣(左上から、朱雀・玄武・白虎・青竜)

②それぞれの方角に当てはまる平安京の地形

中国の古代の風水の教えに沿って遷都する場所を決める際、

京都の平安京のあった地形はバッチリでした。

現在の名前で言うと、

北:船岡山

南:巨諒池

東:鴨川

西:山陰道

と言うように当てられました。

 

その地相に基づいて場所が決定され、

平安京遷都の準備が進められました。

 

平安京は、

中国の長安城をモデルとしたと言われていますが、

大きさは、1/3程度です。

南北約5.2km、

東西約4.5kmの広さで、

左右に碁盤目状に均等に分けられ、

その間を幅85mの「朱雀大路」が通ります。

 

その平安京の南端には「羅城門」が設置されました。

2:四神獣を司る、京都の神社4つとその神様

①平安神宮を中心に東西南北の四神を司る神社

そんな中国の風水によって設置された平安京ですが、

それぞれの方角を守るための神社もあります。

四神獣

それぞれ、

北:上賀茂神社

南:城南宮

西:松尾大社

東:八坂神社

とされていて、

 

「平安神宮」を中心に

4つの神社が鎮座します。

平安神宮

京都の神社5つのご利益が誰でももらえる、平安神宮の参拝と御朱印・御朱印帳をご紹介

②京都五社巡りで平安京のパワースポットを巡る

それらの京都の5つの神社は、

「京都五社」と呼ばれ、

京都随一のパワースポットとして知られています。

 

さらに、

御朱印を集めている方にとってぜひオススメしたいのが、

「京都五社めぐり」

と言う、

それぞれの神社で御朱印をいただくと言うものです。

京都五社めぐり

専用の色紙に京都五社の御朱印をいただくことで、

京都観光をより楽しむことができるものです。

 

京都五社巡りでは、

京都観光には欠かせない、

一日乗り放題のバス乗車券を利用すれば、

600円でお得に回ることもできます。

京都バス・一日乗車券

京都観光で知らない人はいない!!京都をお得に楽に回る京都市バスの乗車券

 

③平安京を歴史を知りながら回る、京都観光

「泣くよウグイス平安京」

と言う語呂合わせで誰もが知る京都の平安京。

歴史や、地形を知るとさらに

京都観光が楽しいものとなること間違いなしです。

京都のシンボル、京都タワー

京都を守る四神の神社をぜひ訪ねてみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。