400年前の味がそのまま!北野天満宮の名物「長五郎餅」は140円で楽しめる京都のお菓子

こんにちは!

 

今回ご紹介するのは、

京都の学問の神様、北野天満宮で有名な

長五郎餅(=ちょうごろうもち)

についてです。

長五郎餅本舗

豊臣秀吉が絶賛したとされる京都のお菓子

長五郎餅についてご紹介していきます!

京都のお菓子については、

京都検定でも取り扱われる話題ですので、

受験される方には必須の知識です


 

1:秀吉も大絶賛した長五郎餅は、北野天満宮本店でいつでも食べられる

①北野大茶湯で秀吉が絶賛した長五郎餅

戦国時代の1587年、

京都が好きな秀吉は、

北野天満宮にて、

「北野大茶湯(=きたのおおちゃのゆ)」

を開催しました。

京都好きな豊臣秀吉

そこで、

豊臣秀吉に絶賛されたのが、

今回ご紹介する

「長五郎餅」

こし餡を薄皮で包んだシンプルなお餅の長五郎餅は、

「初代・河内屋長五郎」の名にちなんでつけられたお餅です。

長五郎餅は、400年以上前の創業時と変わらない製法で作られており、

今でも北野天満宮では、

毎月25日の天神さんの日や、

北野天満宮で行事のある時に、

境内にある茶屋で販売されます。

学問の神様、北野天満宮

【オススメ】こま犬を数えて合格祈願!北野天満宮の参拝と御朱印をご紹介

②北野天満宮から歩いてすぐ!長五郎餅は1つ140円で、その場ですぐに食べられる!

北野天満宮の行事ごとに販売される長五郎餅は、

長五郎餅本舗に行けば、

いつでも通年で食べることができます。

昔ながらの和菓子店の様子の漂う、

長五郎餅本舗は、

北野天満宮の鳥居から

歩いてすぐのところにあり、

1つ140円のバラ売り販売もありますので、

買ってその場ですぐ食べることも可能です。

(僕は、嵐山に持っていって、渡月橋を見ながら食べました)

 

また、

長五郎餅本舗の店内では、

長五郎餅と一緒にお茶をいただくこともできるので、

お時間のある方はぜひ楽しんでみてください^^

2:長五郎餅以外に京都で楽しめる、お持ちの京菓子

①こしあんではなく、粒あんを乗せたおせきもちは、城南宮近くに

北野天満宮名物の長五郎餅以外にも、

京都にはオススメの京菓子がたくさんあります!

同じあんこを使ったおまんじゅうで有名なのは、

おせき餅

おせき餅

こちらは、

京都の南の守神、

「城南宮」近くに本店を構える京都のお菓子です。

 

こし餡を薄皮で包んだ長五郎餅とは異なり、

おせき餅は、粒餡がたっぷり乗っている京菓子で、

ボリュームもバッチリです!

粒餡好きにはたまらない一品になっていますので、

ぜひ一度試してみてください!

②みたらし団子は世界遺産下鴨神社の発祥、おすすめのお店は鴨川沿いに

続いてご紹介するのは、

京都の世界遺産、

下鴨神社が由来の京都のお菓子です。

世界遺産・下鴨神社

下鴨神社のシンボル双葉葵は神様のお力を表す言葉。世界遺産・下鴨神社の御朱印と参拝情報をご紹介

京都の世界遺産・下鴨神社が由来のお菓子は、

みたらし団子

です。


下鴨神社には、

「みたらしの池」という名の池があり、

そこに現れる泡を団子に見立てて作られたのが

始まりと言われています(諸説あり)

 

その下鴨神社周辺でオススメのみたらし団子のお店が、

古都香=ことか

みたらし団子のお店「古都香」

全国の催事にもよく出店しているこちらのお店では、

たくさんの種類のお団子を楽しむことができます。

期間限定の商品もありますので、

興味のある方はぜひ一度訪れてみてください!

オススメをご紹介!京都で食べて後悔しない、「古都香(ことか)」のみたらし団子

今回ご紹介してきた、

長五郎餅やお団子たちについては、

京都検定の公式ガイドブックにもたくさん掲載されていますので、

気になる方は見てみてください!


3級向けにさくっと勉強したい方はこちら!】


ここまで読んでいただきありがとうございました!

それではまた!