国宝第1号を拝める【広隆寺】で拝観を3倍楽しむ方法と御朱印について

こんにちは!

 

京都には、

世界遺産を始め、

たくさんの「国宝」があります。

東寺の五重塔(国宝)

京都の世界遺産はお城を含めて、

全部で17ヶ所あります。

世界遺産、御室仁和寺

迷ったら京都・奈良の世界遺産から!御朱印歩きの始め方をご紹介

国宝のたくさんある京都

そんな京都のあるお寺には、

日本で初めて国宝に登録された、

「弥勒菩薩」が安置されているお寺があるのはご存知ですか?

 

そのお寺は、

京都・太秦にある、

広隆寺

広隆寺

広隆寺について、

御朱印情報

拝観が3倍楽しくなる情報をご紹介していきます!

1:太秦映画村のすぐ近く、日本最古のお寺・広隆寺で御朱印をいただこう

①794年以前からある広隆寺。圧巻の広隆寺の楼門をくぐって御朱印歩き

広隆寺は、

京都駅から見て北西部、

「太秦(=うずまさ)エリア」

にあるお寺です。

太秦は、

京都で名を馳せた豪族の

「秦氏」から名前がついています。

誰かに教えたくなる京都の地名の読み方、【太秦】名前の由来は、秦氏が納めたあるものがきっかけだった

広隆寺の玄関として堂々とそびえ立つのがこちらの

「楼門」

広隆寺・楼門

京都の三条通に面した楼門をくぐって、

広隆寺の境内に入っていきます。

 

国宝のある「新霊宝殿」以外は

自由に参拝可能となっています。

広隆寺・境内

広隆寺の御朱印は、

「新霊宝殿」の拝観券の購入と同時に

いただくことができます。

②聖徳太子も祀る、秦氏の氏寺・広隆寺

太秦にある広隆寺は、

秦氏が聖徳太子から譲り受けた仏像(弥勒菩薩像)を

御本尊としたのが始まりのお寺と言われます

603年建立の広隆寺は、

794年の平安遷都以前からあるお寺

としても知られています。

 

ですので、

聖徳太子を祀る

「上宮王院太子殿」

という「入母屋造り」の建物もあります。

上宮王院太子殿

1730年に再建されたこちらの上宮王院太子殿では、

毎年11月22日に特別に開扉されます。

2:御朱印の後は、新霊宝殿で日本最古の国宝を拝む

①拝観料は800円。見る価値大アリの広隆寺の国宝「弥勒菩薩半跏思惟像」

聖徳太子を祀る、

上宮王院太子殿を右に見て進んでいくと、

広隆寺の「新霊宝殿」の拝観入り口があります。

新霊宝殿への道

拝観料を納めて進んでいくと、

広隆寺の宝物が納められている、

「新霊宝殿」

が見えてきます。

広隆寺・霊宝殿

新霊宝殿には、

国宝第一号に指定(1951年)された

「弥勒菩薩半跏思惟像=みろくぼさつはんかしいぞう(飛鳥時代)」や、

その他50以上の国宝が保存されています。

弥勒菩薩半跏思惟像(国宝、広隆寺パンフレットより)

「弥勒菩薩半跏思惟像」は、

お釈迦さまに変わって全ての悩み、苦しみを救ってくださり、

正しい道へとお導きくださる慈悲の仏様

と言われています。

 

広隆寺の新霊宝殿には、

飛鳥時代から、

天平時代、鎌倉時代にかけての各時代の仏像が祀られています。

 

ほとんど照明の落とされた内部では、

雰囲気のある、

仏像ワンダーランド

となっていて、

広隆寺のお宝たちを存分に楽しむことができます。

②広隆寺から近くの嵐電から行ける嵐山

日本最古のお寺でもあり、

日本最初の国宝のある広隆寺へは、

バスが便利です。

京都駅バスターミナル

京都観光に欠かせない、

「市バス・京都バス1日乗車券」

を利用すると、

お得に回ることができます。

京都バス・一日乗車券

1日600円で乗り降り自由となっているので、

1日でいろいろな場所を回りたい!

という方には最適です。

 

また、

嵐電の広隆寺の最寄駅である

「太秦広隆寺駅」からは、

京都観光には欠かせない

「嵐山」

へも乗り換えなしで行くことが可能です。

京都・嵐山の渡月橋

渡月橋や、世界遺産の天龍寺など

見所のたくさん詰まった嵐山へもぜひ訪ねてみてください!

世界遺産・天龍寺

京都イチの借景!京都の世界遺産・天龍寺の参拝と御朱印のいただける場所は!?

また、

京都のお寺めぐりには、

ガイドブック

もあると

京都の御朱印巡りや観光が

何倍も楽しくなります。

 

京都の神社仏閣のガイドブックは、

何冊か読みましたが、

個人的にオススメなのが、

こちら!


興味のある方は是非手にとってみてくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!