楽しさ2倍!京都の【散歩道】を歩くだけで、京都通なの観光ができる!

こんにちは!

 

京都は、

神社仏閣巡りももちろん楽しいですが、

街を歩くだけでも楽しめる街です。

 

京都の花街や町屋を眺めながらの街歩きは、オススメです。

京都の町屋が見れる、祇園の花街、花見小路

【京都】町屋を知れば京都観光が楽しくなる理由3つ

 

また、京都では、

たくさんの散歩道があることでも知られています。

きぬかけの道

京都の歴史によって彩られた

個性的でロマンあふれる名前のついた散歩道があります。

観光客だけでなく、

京都の地元の方々にも愛される散歩道は

周辺に点在する史跡とともに

「京都の観光スポット」

となっているところが多いです。

 

その中でも

今回は

「一度は行きたい京都の散歩道5つ」

をご紹介します。

 

散歩道を知れば、

京都に行きたくなること間違いなしです。

1:これだけは知っておきたい!京都の散歩道2つ

①誰もが一度は聞いたことある「哲学の道」オススメは南から北へ向かう散歩道

まずはこちらの有名な散歩道。

「哲学の道」

若王子橋から銀閣寺橋までの道のりで、

琵琶湖疎水の分線に沿って作られた散歩道です。

【琵琶湖疎水についてはこちらから】

130年の歴史!京都の生活の発展に貢献した、琵琶湖疎水の【水路閣】はこうしてできた

大正時代に名付けられた哲学の道は、

当時の哲学者たちが散歩したことで名付けられました。

 

春の桜や、

夏の蛍が有名な「観光コース」です。

 

南禅寺から銀閣寺へ向かうように

南から北へ向かうと、

琵琶湖疎水の流れに合わせて歩くことができるのオススメです。

②ねねの道は、京都の東山観光に欠かせない散歩道

続いても、

京都では大変有名なこちらの散歩道。

「ねねの道」

京都の東山エリアにある、ねねの道は

高台寺から、円山公園へと続く道です。

 

京都の東山エリアは、

京都の雰囲気を一番感じられるエリアの一つで、

近くには、二年坂や三年坂もあります。

ねねの道は、

豊臣秀吉の正室である

「北政所(ねね)」が高台寺で余生を過ごしたことから名付けられました。

道の途中には、

「石塀小路」など京都の雰囲気を存分に感じられる道もあり

石塀小路

大変オススメです。

2:知らないと損、知ってると自慢できる京都の散歩道3つ!

①金閣寺へと向かうきぬかけの路は、世界遺産お寺が並ぶの道

ここからは、

教科書ではあまり習わないけど、

京都に行く前に知っておくと得する散歩道のご紹介です!

 

まず初めは、

「きぬかけの路」

きぬかけの道

こちらの散歩道は、

京都市の北部

金閣寺の近くにあります。

世界遺産の仁和寺から、

衣笠山に沿って

こちらも世界遺産である龍安寺を通り、

金閣寺へと続く道のりがきぬかけの道です。

「きぬかけの路」を通るだけで、

世界遺産が3つも巡れるので

京都観光で、時間がない方にもオススメ。

半日で回れる!金閣寺を含めた3つの世界遺産の回り方をご紹介!

②宇治にある2つの散歩道で宇治観光が2倍楽しくなる

最後は宇治の2つの散歩道をご紹介します。

「あじろぎの道」

「さわらびの道」

の2つです。

「あじろぎの道」は、

宇治にある平等院から川の方へと向かうと現れる橘橋から

宇治川の左岸に沿って続いている散歩道です。

源氏物語の舞台となったゆかりのある場所で、

物語を思い出しながら散歩できる道です。

 

一方、

「さわらびの道」は、

あじろぎの道と対岸にある道で、

こちらも源氏物語のゆかりを辿ることができます。


源氏物語に出てくる、

「早蕨(さわらび)」の古墳があることからこの名前がつきました。

3:京都の散歩道で京都を楽しむ

①京都は、散歩道を歩くだけでも本当に楽しい

今回ご紹介した散歩道の他にも、

京都にはたくさんの散歩道があります。

京都検定の勉強に欠かせない、

「京都観光・文化検定試験 公式ガイドブック」

を見れば京都についてさらに詳しくなれます。


気になる方や、

京都検定の受験を目指している方は、

是非一度手に取ってみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

それではまた!