京都の花街で観れる、舞妓さんの5種類の「おどり」と「をどり」

こんにちは!

皆さんは

京都で舞妓さんと出会ったことはありますか?

 

京都と言えば、

お寺や和菓子、伝統工芸などと並んで有名なのが

舞妓さん・芸妓さん

ではないかと思います。

京都で舞妓さんに出会ったことはありますか?

そんな舞妓さんに偶然出会うことも多いのが京都。

京都には5つの花街があり、

それぞれ風情のあるエリアとなっています。

5つの花街は以下の通りです。

先斗町=ぽんとちょう

祇園東=ぎおんひがし

祇園甲部=ぎおんこうぶ

宮川町=みやがわちょう

上七軒=かみしちけん

京都にある5つの花街には

それぞれ名前のついた

花街での舞妓さんのおどり(をどり)があります。

基本的にどり」という表記を使いますが、

1カ所だけどり」を使います。

 

今回は、

京都にある5つの花街、

それぞれで鑑賞できる舞妓さんのおどり(をどり)

についてご紹介します!

1:舞妓さんと出会える京都の花街、5つのうちいくつご存知ですか?

①京都の花街、祇園エリアで舞妓さんに出会おう

京都に来たら、見逃せないのが

「鴨川」や「八坂神社」などのある

河原町・祇園エリア

鴨川

京都のこのエリアには、

先斗町や祇園東、祇園甲部などの花街のほかに、

少し南に行くと、

宮川町という花街があります。

 

特に「先斗町」は夜の雰囲気が最高で、

京都に来たら一度は訪れていただきたい花街です。

京都町屋が見れる花街の一つ、先斗町

花街というと、

敷居が高いんじゃないか??

というイメージもありますが、

一般向けのお店もたくさんですので、

夜のお食事にも利用できて便利です。

 

祇園エリアに行くと2つの花街があり、

それぞれ、異なった京都の雰囲気を醸し出します。

京都・祇園の花街、花見小路

②北野天満宮とともにできた舞妓さんに出会える京都の花街「上七軒」

舞妓さんの観れる京都の花街の中で、

一つだけ少し離れたエリアにあるのが、

上七軒=かみしちけん

京都の町屋の見れる、上七軒

京都の学問の神様で有名な

北野天満宮のすぐ横にある上七軒は、

他の花街と比べて観光客も少なめなので

ゆっくりと雰囲気を味わう事ができます。

北野天満宮

上七軒の花街は、

北野天満宮を創建した時に余った木材を使用したと言われており、

まさに北野天満宮とともに歴史を歩んできています。

2:舞妓さんとともに発達した京都の「おどり」と「をどり」

①基本は「をどり」を使う京都の舞妓さんの花舞台のおどり

ここまで、

京都の花街に関してご紹介してきましたが、

ここからは

それぞれの花街で名前の異なるおどり(をどり)についてです。

京都の5つの花街で観られおどり(をどり)は、

以下のおどり(をどり)です。

先斗町→鴨川をどり(春)

祇園甲部→都をどり(春)

祇園東→祇園をどり(秋)

宮川町→京どり(春)

上七軒→北野をどり(春)

 

京都で観られるおどり(をどり)は、

京都で芸妓さんや舞妓さんが、

日頃の研鑽を行い、それを披露する場として実施されています。

 

京都の芸妓さんや舞妓さんによるおどり(をどり)の始まりは、

1872年の「第1回京都博覧会」で、

槇村正直、井上八千代らの発案で

「都をどり」

を開催したのが始まりと言われています。

【槇村正直についてはこちら】

京都の復興・発展に関わった第二代京都府知事【槇村正直】の近代化政策

②京都で舞妓さんに出会える5つの花街のうち、一つだけ「おどり」を使うのは「宮川町」

お気づきの方もおられると思いますが、

京都で観られる舞妓さんや芸妓さんによる「おどり(をどり)」は、

1カ所だけ

「おどり」

であとの4つは

「をどり」

となっています。

先斗町→鴨川をどり(春)

祇園甲部→都をどり(春)

祇園東→祇園をどり(秋)

宮川町→京どり(春)

上七軒→北野をどり(春)

 

これは、

京都では、昔の風習を大事にするという意味で

「をどり」

を使うところが多いのですが、

宮川町だけは、

人々に身近に親しみを持っていただきたいとの思いから

「おどり」

を使っているそうです。

 

 

今回ご紹介してきた

京都の舞妓さんの「おどり」と「をどり」

「京都観光文化検定の公式テキストブック」

を見れば、

より詳しく知る事ができます。


興味のある方はぜひ手にとってみてくださいね^^

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

それではまた!