明日から使える!知って損なし、京ことば7選

こんにちは!

 

京都には関西弁とはまた違った独特の言葉があります。

京ことば

と呼ばれる京都の伝統的な言葉は、

平安京の時代から1000年以上使われてきた歴史もあり、

今でも使われる大事な伝統です。

天龍寺

今回は、

そんな京ことばの中でも、

明日からすぐ使える京ことば7つ

をご紹介します!

①仕事の場面

②家庭内での場面

それぞれでの明日から使える京ことばは以下の7つ

ハンナリ

オチョクル

セワシナイ

ソヤカテ

ニヌキ

ブブ

ベベ

知っているものはありますか?

全部知ってる!

という方は、この先は飛ばしてください^^

1:1000年の歴史!京ことばとは京都の標準語

①方言ではない、京ことばのプライド

京都で平安京の時代から使われて来た

「京ことば」

1000年以上の日本の首都としての歴史があることから、

京都に在住の人は、

「京ことば」を方言としての捉え方をしないそうです。

おもてなしの心あふれる、京都

京ことばは、大きく分けると

「町方ことば」

「御所ことば」

の2つに分けられます。

 

町方ことばは、

西陣の「職人ことば」

商家で使われる「中京(なかぎょう)ことば」

祇園などの花街で使われる「花街ことば」

周辺部で使われる「農家ことば」

などに分類されます。

祇園の花街、花見小路

一方「御所ことば」は、

宮中や宮家などの「公家文化」を表すことばでしたが、

町方の庶民の中でも使われていました。

平清盛

②特徴は「ゆったり長く」の京ことば

京ことばの特徴としては、

ハー(歯)やへー(塀)などのように

言葉を長く伸ばしたり、

言葉の頭を長くしたりします。

三寧坂(三年坂)

モローテ(貰って)などのように

ウ音を長く伸ばしたりします。

まとめると、京ことばの特徴としては

「優美でゆったり、長く」

というような感じです。

2:明日から使いたくなる京ことば7選

①仕事の場面で使える京ことば4つ

ここからは、

日々の生活で使える京ことばを7つご紹介します。

まずは、

「仕事の場面」

①セワシナイ=忙しい

②ソヤカテ=そうは言っても

③オチョクル=からかう

④ハンナリ=上品で明るい様子

①セワシナイは、

「セワシナイ人ヤナー=忙しい人やな」

②ソヤカテは、

「ソヤカテ、こうしないとあかんやろ=そうは言ってもこうしないとダメでしょ」

③オチョクルは、

「オチョクランといて=からかわないで」

④ハンナリは、

「ハンナリした色やなー」

などのように使います。

どうですか?

使えそうなものはありましたか?

 

②家庭内で使える京ことば3つ

続いては、

家庭内

で使える京ことば3つをご紹介します!

①ニヌキ=ゆで卵

②ブブ=お茶

③べべ=着物

それぞれ、

家庭での場面でよく出てくるワードかと思いますので、

ぜひ使ってみてください!

 

今回ご紹介した京ことばは7種類ですが、

「京都検定試験ガイドブック」

には、

たくさんの京ことばが載っています。


気になる方や、

京都検定の受験を目指している方は、

是非一度手に取ってみてください!

3級向けにさくっと勉強したい方はこちら!】


こちらのガイドブックでは、

京都検定を受ける方はもちろん、

京都観光をより楽しみたい!

という方は、

ぜひ一度覗いてみてください!

伏見稲荷大社

ここまで読んでいただきありがとうございました!

それではまた!