デビッドボウイの愛した京都のお寺【正伝寺】にわざわざ行く理由は2つ(御朱印・拝観情報)

こんにちは!

 

今回ご紹介するのはこちらのお寺!

正伝寺・山門

「正伝寺」

です。

正伝寺は、

京都市の北部、

西賀茂にあるお寺です。

正伝寺で有名なのが、

デビッドボウイの愛した庭園

です。

デビッドボウイの愛した、正伝寺の庭園

1980年代に日本のCMに起用された際、

デビッドボウイ自らが希望したと言われるのが、

「正伝寺のお庭」

なのです。

この記事では、

正伝寺の御朱印・拝観情報、

デビッドボウイの愛した庭園が、

一体どんなものなのかをご紹介していきたいと思います!

 

1:京都市の北部、西賀茂にある正伝寺。デビッドボウイが愛した理由と、御朱印情報

①アクセスの悪い正伝寺にわざわざ行くべき理由、御朱印は受付で

デビッドボウイも愛した庭園のある正伝寺。

京都市の北部にある正伝寺は、

京都駅からバスで40〜50分かかるため

アクセスが良いとは言えません。


 

そんな正伝寺は、

境内入り口の山門から、

デビッドボウイの愛した庭園のある方丈までも少し歩きます。

正伝寺・境内

山門をくぐったあたりから、

異世界の雰囲気を味わえる正伝寺は、

お庭にたどりつくまでもドキドキさせてくれます。

 

また、

御朱印は、方丈受付でいただけます。

正伝寺・方丈

方丈入り口で、

拝観料を納めるときに

一緒に納めてください。

②比叡山を切り取った正伝寺のお庭の景色を見に、デビッドボウイも通った

正伝寺・方丈に入るとすぐに広がるのが、

デビッドボウイも愛したこちらの庭園!

デビッドボウイの愛した、正伝寺の庭園

比叡山を借景として切り取ったこちらの庭園は、

重要文化財にも指定されています。

 

「借景庭園」とは、

お庭から見える景色を、

自然の景色と融合させた、

京都のお庭でよく見られる景色です。

 

嵐山にある世界遺産の天龍寺などが有名です。

嵐山の借景を利用した、天龍寺・庭園

京都イチの借景!京都の世界遺産・天龍寺の参拝と御朱印のいただける場所は!?

 

枯山水庭園でもある正伝寺の庭園は、

「獅子の児渡し庭園」

とも呼ばれます。

 

枯山水庭園では、

通常は石が置かれることが多いのが特徴です。

龍安寺の特別名勝庭園である方丈庭園

石の数は15個。京都の世界遺産・龍安寺のバリアフリーと御朱印情報

ですが、

正伝寺の庭園では、

石の代わりに

7つ・5つ・3つの植え込みがされており、

植栽によって

「七五三調」を表現しています。

デビッドボウイの愛した、正伝寺の庭園

植栽によって、

「七五三調」が表現されているのは、

正伝寺だけです。

 

正伝寺のこちらの庭園は、

アクセスが余り良くないこともあってか、

観光客の数も少なく、

じっくりとお庭を堪能することができます!

「禅」の雰囲気が存分に味わえる正伝寺のお庭です。

 

2:デビッドボウイの愛した、異世界感満載な正伝寺境内へはバス停から約20分

①御朱印・お庭以外に境内散策もオススメの正伝寺、デビッドボウイも愛したお庭へ向かう

正伝寺は、

弘安5年(1282年)に

祠官森経久により西賀茂の土地に寄贈された荘園が

現在の地に再建されたのが始まりと言われています。

 

正伝寺は、

応仁の乱

によって、

一度荒廃しました。

 

ご紹介!11年続いた京都が発端の【応仁の乱】について知っておきたい知識3つ

その後、

徳川家康によって再建されました。

また、

本堂は、南禅寺の金地院にあった

「小方丈」

が移築されたものです。

 

正伝寺では、方丈の庭園だけでなく、

重要文化財の襖絵や、

「血天井」

「蒙古降伏祈祷文」

など

が保管されています。

②比叡山は離れて見るのがオススメ、正伝寺以外の借景庭園

デビッドボウイの愛した

正伝寺の庭園

 

正伝寺と同様に、

比叡山を借景とした庭園が素晴らしいお寺があります。

 

それが

「園通寺」

借景を利用した、園通寺・庭園

【御朱印】借景が圧巻の圓通寺、京都に来たら拝観したいオススメの理由をご紹介

こちらのお寺も

京都駅から遠く、

アクセスが良好とは言えませんが、

その分観光客も少なく、

お庭を存分に楽しむことができます。

園通寺

正伝寺の最寄のバス停からも

バスで1本で行くことができるので、

お時間のある方は、是非お楽しみください!

 

また、

京都のお寺めぐりには、

ガイドブック

もあると

京都の御朱印巡りや観光が

何倍も楽しくなります。

京都の神社仏閣のガイドブックは、

何冊か読みましたが、

個人的にオススメなのが、

こちら!


興味のある方は是非手にとってみてくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!