階段250段!狸谷山不動院への御朱印巡りで健康長寿

こんにちは!

今回ご紹介するお寺は、京都・一乗寺にあるお寺です。

先にお伝えしますが、

かなりハードな御朱印めぐりとなりました…

(坂が多くて階段も多く、写真もいつもより撮れなかったです。)

そのお寺はコチラ!

狸谷山(たぬきだにやま)不動院です。

狸谷山不動院の公式HP

なんとなく写真でも「山奥にある感じ」が伝わりますでしょうか?

こちらの狸谷山不動院で御朱印をいただいてきましたので拝観情報とともにご紹介します。

『この記事を読んだらわかること』

①狸谷山不動院の御朱印情報

②狸谷山不動院の拝観情報

③狸谷山不動院近くのオススメの御朱印がもらえるお寺

狸谷山不動院の御朱印巡りでの参拝を、まとめるとこんな感じ。

①途中まで車で行けますが、車椅子で上がるのは困難(自動車祈祷殿までは車椅子でも可能)

②足腰悪い方もなかなかハード

③今までの御朱印巡りで一番足が疲れました(29歳男子、理学療法士)

④だけど達成感あり!

1:階段の先にある、狸谷山不動院の御朱印

①書き置きタイプの狸谷山不動院の御朱印

今回、苦労の末に頂いた

狸谷山不動院の御朱印はこちら!

「書き置きタイプの御朱印」の他に、

『金ピカで1000円』の御朱印もありました。

僕は御朱印を頂く際は、

『建造物などを後の世代に残すための寄付』と思って納めることが多いのですが、

御朱印ブームとは言え、流石にちょっと違和感を感じました。

②階段を250段昇った先にある御朱印授与所

そんな狸谷山不動院の御朱印を目指して行くには、

とりあえず250段の階段を昇る必要があります。

狸谷山不動院の数々の階段の写真をどうぞ。

登り切った先には、

御朱印以外にも眺望の良い景色がありますので、頑張って昇っていきましょう!

2:9時から16時まで!狸谷山不動院拝観情報

①階段途中で出会う方々と鳥居

狸谷山不動院の本殿へは階段を250段昇る必要がありますが、

途中たくさんの見所があります。

まずはこちら。

狸がたくさん出迎えてくれます。

阪神タイガースのレジェンドも、

ここで祈願したのだそうです。

続いて、この鳥居と

この空間だけ、ひんやりしていました。

弘法大師さまも階段の手前で出迎えてくださいました。

②車椅子の拝観は、自動車祈祷殿まで!『狸谷山不動院のバリアフリー情報』

公式HPによると、車椅子での参拝は一部可能と書かれています。

自動車祈祷殿は、駐車場のすぐ前にあります。

自動車祈祷殿からさらに上を目指すには、

正直、足腰に何かしらの不安を抱える方にはなかなか厳しいと思います。

階段は全部で250(駐車場のある場所から)

さらに、こちらの階段をご覧ください。

正直かなりハードでしたが、結構たくさんの方々とすれ違いましたので、

参拝すれば足腰も鍛えられると思って行ってみてください。

3:狸谷山不動院へのアクセスと近くのオススメ御朱印巡り

①お庭見て、歩いて楽しい『詩仙堂』

狸谷山不動院の最寄駅は、「叡山電車の一乗寺駅」です。


一乗寺駅周辺には、たくさんの神社仏閣があります。

今回は、その中から御朱印のいただけるオススメの2つご紹介します。

まず一つ目は『詩仙堂』です。

詩仙堂でオススメは、なんと行ってもこのお庭!

こちらは、お庭を眺めるだけでなく

『歩いて楽しめます

『御朱印現地レポ2019』訪れたら自慢できる!お庭が御朱印女子に人気な京都観光の穴場・詩仙堂の御朱印とオススメの拝観情報

狸谷山不動院からも徒歩で10分なので、ぜひ参拝してみてください!

②一乗寺で、外国人が数ないところなら『金福寺』

続いてはこちら!

『金福寺』です!

こちらは、

そのほかの神社仏閣に比べ人が少なく外国人もほとんどいなかったです。

こちらのお寺でももちろん御朱印はいただけますが、

お庭も素敵です!

奥の細道で有名な「松尾芭蕉」もここ金福寺で俳句を詠んだと言われています。

ぜひ訪れてみてください!

『御朱印めぐり・現地レポ』誰でも心が洗われる、芭蕉も訪ねた京都の金福寺で御朱印とお庭を楽しむ方法をご紹介それではまた!