見逃せない2つの文化財の楽しめる本法寺で御朱印、お庭、涅槃図を楽しむ

こんにちは!

今回ご紹介する京都のお寺は、

京都の歴史上では欠かせない人物にゆかりのあるお寺です。

ご紹介するのは、

本法寺=ほんぽうじ

です。

本法寺

本法寺には、

見逃せない2つの文化材があります。

長谷川等伯の仏涅槃図

長谷川等伯の絵がいた仏涅槃図(本法寺パンフレットより引用)

と、

本阿弥光悦の三つ巴の庭

です。

本法寺・三つ巴の庭

それらの拝観が同時に楽しめる、

京都の本法寺についてご紹介していきます!

1:御朱印は拝観受付で。長谷川等伯の「仏涅槃図」は、高さ約10mある圧巻の図

①本法寺の御朱印は拝観受付で、涅槃図拝観の前に頂こう

本法寺は、

京都の堀川通にあるお寺です。

本法寺へは、

京都駅からバスで約30分でいくことができます。

京都駅前のシンボル、京都タワー

【京都のバスで京都観光をお得に回る方法はこちら!】

京都観光で知らない人はいない!!京都をお得に楽に回る京都市バスの乗車券

京都・本法寺のハイライトである

三つ巴の庭や仏涅槃図のあるエリアへの入り口は、

こちらから。

本法寺

また、本法寺の御朱印は、

拝観受付でいただくことができます。

 

また、

拝観受付の横に本法寺限定の御朱印帳もあり、

こちらも同時に購入することが可能です。

②高さ10mの涅槃図は、息子の死に寄り添った長谷川等伯の想いの詰まる文化財

京都・本法寺の拝観は、

拝観受付から、まずは一番奥の左手に向かいます。

 

本法寺の拝観受付の左手には、

長谷川等伯が書いた、

仏涅槃図=ぶつねはんず

が展示されています。

長谷川等伯の絵がいた仏涅槃図(本法寺パンフレットより引用)

「涅槃図=ねはんず」とは、

お釈迦様が亡くなった時の様子を描いたものです。

 

京都での活動の拠点を本法寺としていた長谷川等伯は、

55歳の時に制作を手伝ってもらっていた息子と死別し、

その他にも親交のあった千利休などの死などの深い悲しみの中、

60代の時にたくさんの作品を残しました。

 

その中でも

「京都三大仏涅槃図」

の1つとしても知られるのが、

本法寺の仏涅槃図です。

 

高さ約10mにも及ぶ

本法寺の仏涅槃図の裏には、

長谷川等伯の両親や息子や、本法寺の住職などの

名前が供養銘として記されています。

 

本法寺で通常公開されている「仏涅槃図」はレプリカですが、

毎年春(3/14~4/15)にお粉割れる特別公開時期には、

長谷川等伯の書いた直筆の仏涅槃図をみることができます。

2:御朱印の後に見逃せない、本法寺の2つのお庭

①本法寺のお庭まずは、十の庭は、「つなし」と読む理由とは?

本法寺で見逃せないのは、

仏涅槃図だけではありません。

本法寺に来る理由の多くが、

長谷川等伯の仏涅槃図

と、

本阿弥光悦の三つ巴の庭

ですが、

本法寺のお庭としてもう一つ見逃せないのが、

本能寺の拝観受付からまっすぐ進んだ先にまず右手に見えてくる、

「十の庭=つなしのにわ」

十と書いて、なぜ「つなし」と読むのか?

と思われる方も多いと思います。

 

その答えは、

一つ、二つ、と数を数えるとわかります。

九つのあとの「十」には、「つ」がありません。

そのことから

「十(=つなし)の庭」

と呼ばれているのです。

②本法寺のハイライト!三つ巴の庭で3つの世界を楽しむ

本法寺で、もう1つ見ておきたいお庭が、

三つ巴の庭=みつどもえのにわ

です。

三つ巴の庭

三つ巴の庭は、

本法寺の境内の建立に携わった、

本阿弥光悦(=ほんあみこうえつ)

の作品で、

国の名勝庭園として重要文化財にも登録されています。

 

秀吉の命令によって現在の場所に本法寺が作られた際に

「三つ巴の庭」も作庭されたため、

室町時代の枯山水の雰囲気と安土桃山時代の雰囲気が合わさった

枯山水庭園です。

本法寺・三つ巴の庭

京都には、

見逃せないお庭がたくさんあります。

特別庭園に指定されているものを始め、

徳川家ゆかりのお寺など、

見所たくさんです。

金地院・鶴亀の庭

【特別名勝庭園】ならココ!京都観光でマストな、必ず行きたいお庭4選!

 

3代将軍を迎えるために造られた、京都の特別名勝庭園「鶴亀の庭」のある金地院でプラス700円払う理由とは

時代の変化により、

当時の枯山水庭園の面影はかなり薄れてしまっているそうですが、

拝観受付でいただける、

三つ巴の庭の案内図を見ながらであれば十分に楽しむことができます。

本法寺・三つ巴の庭パンフレット

 

長谷川等伯の仏涅槃図

と、

本阿弥光悦の三つ巴の庭

 

どちらも京都の遺産として有名で、

その2つが楽しめる本法寺

ぜひ一度尋ねてみてください^^

 

また、

京都の神社仏閣の御朱印あるきには、

ガイドブック

もあると

かなり楽しくなります。

デビッドボウイの愛した、正伝寺の庭園

京都の神社仏閣のガイドブックの中で、

個人的にオススメなのが、

こちら!


世界遺産はもちろん、

季節ごとのおすすめのお寺

「お願い」ごとに紹介された、

神社の紹介ページもあり充実しています!

 

興味のある方は是非手にとってみてくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!