【必見】京都で必ず訪れたい五重塔の4つすべてをご紹介!

こんにちは!

今回は、京都の五重塔をご紹介します。

五重塔

京都で現存する五重塔は、

全部で4つ!

ご存知でしたでしょうか?

東寺・仁和寺・醍醐寺・法観寺の4つです。

その中でも、

最も古いのが、醍醐寺の五重塔(951年に完成)です。

京都を訪れたら見逃せない、

京都の国宝の五重塔についてそれぞれご紹介します!

1:京都駅から徒歩でいける世界遺産・東寺の五重塔

①弘法大師が立てた東寺の五重塔は、1644年建立の5代目

東寺は、国の寺として

弘法大師空海が建てたお寺です。

東寺

東寺の五重塔は、

釈迦の遺骨が安置される場所としてが起源で、

空海が唐から持ち帰ったとされる「仏舎利」が納められています。

現存する五重塔は5代目で、

1664年の完成です。

東寺の五重塔

②東寺の五重塔は、新幹線の京都駅を降りてすぐ行けるお寺

東寺は、新幹線からでも見える世界遺産

として、京都駅からのアクセスもかなり良好です。

歩いても15分ほどです。

京都駅から歩いて行ける!世界遺産・東寺での参拝と御朱印情報について

2019年に綺麗になった御影堂を始め、

世界遺産の東寺では、

五重塔以外にも魅力がたくさんです。

東寺の金堂

2:見頃は4月中旬。京都の世界遺産・御室仁和寺の五重塔

①888年創建の京都の世界遺産、桜でも有名な御室仁和寺

続いても京都の世界遺産のお寺、

御室仁和寺(おむろにんなじ)です。

御室仁和寺の庭園

御室仁和寺は、

888年創建の真言宗のお寺です。

世界遺産でもある御室仁和寺は、

背の低い御室桜でも有名です。

御室桜と五重塔

遅咲きの桜として有名で、

例年、4月中旬ごろに見ごろを迎えます。

御室桜だけじゃない!京都の世界遺産、仁和寺で楽しい御朱印巡り

②五重塔は、1664年に家光によって建てられた

御室仁和寺の五重塔は、

1646年に、

3代将軍徳川家光によって寄進され建立されました。

高さは36mあり、

東寺の五重塔(1664年建立)と同様に、

塔の各屋根の大きさが均等な作りであり、

江戸時代の作りを象徴しています。

3:京都で一番古い、世界遺産・醍醐寺の五重塔

①京都の醍醐寺は、山の全体がお寺。その中に五重塔がある

醍醐寺は、京都市街地から少し離れており、

地下鉄の「醍醐駅」が最寄です。

醍醐寺は平安時代に建てられた真言宗のお寺で、

1100年以上の歴史を持ちます。

世界遺産にも登録されています。

国宝の五重塔は圧巻!京都の世界遺産、醍醐寺の御朱印とバリアフリー情報について

②醍醐寺の五重塔は、京都一の歴史

醍醐寺の五重塔は、

醍醐天皇の冥福を祈るために、朱雀天皇が建立しました。

京都一の古さの木造建築物で、

完成したのは、951年です。

醍醐寺の五重塔

醍醐寺の五重塔は、

国宝にも指定されており、一見の価値はあります。

4:京都のランドマーク。八坂の塔こと法観寺の五重塔

①京都で観光客が最もよく集まる東山エリアのランドマークの五重塔

最後にご紹介するのは、

法観寺の五重塔です。

法観寺の五重塔

この写真を見れば、思い出される方もおられるのではないでしょうか?

法観寺は、592年に建立されました(諸説あり)が、

現存するこちらの五重塔は、

1440年の室町時代に再建されたものです。

五重塔

②京都で見ておきたい法観寺の五重塔、別名は「八坂の塔」

高さ46mを誇る法観寺の五重塔は、

別名、「八坂の塔」と呼ばれ、

京都で観光客が最も集まる東山エリアのランドマークとして存在します。

清水寺から八坂神社へ向かう途中に存在する五重塔として、

多くの観光客が訪れます。

内部の見学は不定期ですが可能です。

京都では唯一内部見学の可能な五重塔です。

法観寺の五重塔

様々な歴史を持つ五重塔、

京都にある全ての五重塔を訪れてみるのも

歴史の勉強になって面白いです。

人にも教えたくなること間違いなしです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!