英語を喋って認知症予防も?!京都で神社仏閣を巡りながら英語を学ぶ方法をご紹介

こんにちは!

みなさんは、英語をどのくらいしゃべれます(使います)か?

「全然無理!!」

とか

「喋りたいけど勇気がない!!」

って方もおられるかと思います。

義務教育プラス高校3年間で、

6年以上は習っているはずなのに、

なかなか英語を喋れる日本人が少ない印象です。

ですが、

最近では、日本を訪れる観光客がかなり増えていて、日本を快適に過ごしていただくために、

外国人へのおもてなしが一般の方も必要な時代になってきています。

観光庁によると、

2020年までの訪日外国人数の目標が4000万人!

(2017年は約2800万人)となっているそうです。

そんな、外国人の増えている日本の首都「東京」はもちろん、

外国人にも有名な観光地である、

「京都」や「奈良」では、外国人を見かけない日はないです。

そんな日本で困っている外国人の観光客の方はたくさんいます。

例えば、駅で券売機などで困ってる外国人を見かけたり、

『すいません、写真を取って欲しいんだけど…』(英語では、Can you taka a picture?って感じです。)

と頼まれた時、みなさんはどうしますか?

せっかく来ていただいている外国人に対して、

NO NOと一方的に断るのはもったいない、僕はそう思います。

 

「ちょっとの勇気」と「少しの英語フレーズ」さえあれば、

誰でも外国人の方々を助けられるし、

簡単な国際交流ができるんです。

また、全然喋れないけど、

英語を使ってみたいと思われている方も多いはず!

さらに、第2言語を勉強すると、

「認知症予防になる」という結果もあります。

いつまでも元気でいるために、運動プラス英語を使うことがとても良いのです。

運動は、

御朱印巡りで歩くことでできると思いますが、

英語はどうしよう?って方も多いと思います。

そこで、この記事では、

京都を中心に御朱印巡りをしている僕が、

京都で英語を使う頻度について検証した内容と、

観光地で使える、簡単な英語について解説します。

この記事を読んで、ペラペラでなくても、

外国人を少しでも助けてくれる方が増えたら思います。

1:日本に外国人は年間どれくらい来てる?

①日本を訪れる、外国人の数

観光庁の、

『観光白書2018』によると、

2017年に訪れた外国人は、2869万人です。

訪日外国人は、5年連続増加しています。

5年前と比べると、2000万人も増えているんです!ご存知でしたか?

しかも、ここ最近の増加率は、目を見張るものがあります。

 

観光庁 観光白書2018より

見事に階段状に増加して行っています!

②日本を訪れる外国人の、国別ランキング

日本を訪れている外国人の数のランキングは以下の通りです。

1位:中国(25.6%)

2位:韓国(24.9%)

3位:台湾(15.9%)

4位:香港(7.8%)

5位:タイ(3.4%)

こう見ると、

アジアの国々ばかりですね。

そして、やはり中国人の方々は多い。

一時期の爆買いブームは収まりつつありますが、

それでも外国人観光客の1/4は中国人です。

要因は、PeachやJetstarなどのLCC(格安航空)の発展よるものが大きいかと思います。

③統計からみる、英語の必要性

日本を訪れるアジアの国々ばかりだから、

英語はあんまり使わないんじゃない?

って思われる方もおられるかと思いますが、

日本を訪れる方々は、たいがい英語を話します。(たまに中国語ゴリ押しの方もおられますが…)

ですので、統計的に見ても英語は必須になってきますね。

 

2:京都で実際に英語を使った場面は?

①京都で英語が使える!

この約2年、

僕は世界遺産巡りから初めて、様々な神社仏閣を訪れました。

伏見稲荷大社・平安神宮・金閣寺・銀閣寺などなど…

伏見稲荷大社の千本鳥居

ご紹介する御朱印は4種類!伏見稲荷大社は16時までに行くのがオススメ

平安神宮

京都の神社5つのご利益が誰でももらえる、平安神宮の参拝と御朱印・御朱印帳をご紹介

 

そんな中、京都で外国人の方に対して実際に英語を使った場面は、以下の通りです。

①電車の中で行き先を聞かれた。

②伏見稲荷で、急に声をかけられ、伏見山の頂上まで一緒に歩いた。

③京都二条城の券売機で、困っていた韓国人の方をヘルプ!

④伏見稲荷で、香港から来たカップルに写真を頼まれた。

それぞれ見ていきましょう!

①電車で行き先を聞かれた

僕は、京都に向かうのによく電車(特に阪急電車)を利用します。

京都へ向かう電車には、

毎回必ずと言っていいほど外国人の観光客の方が乗っています。

そんな、電車に急に乗ってきた外国人観光客の方にかけられた言葉がこちら!

『Is this train go to Kyoto?』

和訳例『この電車は京都に行く?』

文法的なことを言うと、ちょっと間違いもありますが、

意味は大体わかりますよね?

全部聞き取れなくても、[train]と[Kyoto]が聞き取れれば、わかるはずです。

突然電車に乗ってきて、

こう言われたので、とりあえず『YES!!』と笑顔で言いました。

外国人の方は、とても安心した顔をされていましたよ。

②伏見稲荷で、急に声をかけられ、伏見山の頂上まで一緒に歩いた。

ある日、伏見稲荷で御朱印集めをしていました。

伏見稲荷大社

すると後ろから声をかけられました。

「ニッポンゴ! ニッポンゴ!」

??????

誰?

と思っていると、日本語で話しかけてきてきました。

聞くと、ニューヨークから来た留学生で、日本語を勉強していると。

少し英語の使える僕が少し英語で話すと、彼のしゃべる言葉はほとんど英語になってきました。

その時、伏見稲荷の「伏見山・山頂」まで登っていた僕は、その後彼と30分くらい話しながら登って行きました。

これは稀なケースですが、使ったフレーズはこれらです。

『How old are you ?』『おいくつですか?』

失礼な話、ちょっと老けていたので聞いてみました。。。

京都にいると、こんな稀ケースもありますね。

③京都二条城の券売機で、困っていた韓国人の方をヘルプ!

京都の世界遺産、二条城。

大政奉還の地としても有名です。

ここの券売機で困っていた、アジア系の方(おそらく韓国の方)。

券売機の使い方がいまいちな様子。

そこで一言!

『May I help you?』『どうされましたか?』

そのまま、券売機の使い方をジェスチャーで教えました。

この『May I help you?』は、

外国人観光客の方が困っている時に、よく使うフレーズのベスト3に入るかと思います。

④伏見稲荷で、香港から来たカップルに写真を頼まれた。

最後は、またまた伏見稲荷大社にて。

伏見稲荷で有名な、「千本鳥居」をくぐっていました。

千本鳥居をくぐっていると、外国人カップルに声をかけられました。

『Can you take a picture?』『写真を撮っていただけますか?』

「写真を撮ってくれませんか?」のフレーズは、私たちが外国に行った時にも使いたいフレーズですよね。

その後、僕は国際交流と思い、会話を続けてみました。

そこで使ったのがこのフレーズ。

『Where are you from?』『どちらから来られたんですか?』

世界中から訪れる観光客の方がどこから来ているのか、聞いてみたいですよね。

 

このフレーズも、よく使うフレーズベスト3に入ります。

3:4つだけでとりあえず安心!厳選英語フレーズ

京都での御朱印巡り・観光は、外国人との遭遇の連続です。

京都タワー

京都で使った(外国人の方に使われた)フレーズで多かったのは、以下の4つ。

これらを知っていれば、最低限の手助けができるのでないかと思います。

①May I help you?(どうかされましたか?)

②Where are you from?(どちらから来られたんですか?)

③Can you take a picture?(写真を撮っていただけませんか?)

④I went 〜(地名) before!(前に〜行ったことあるよ!)

これらを使って、観光に来られた外国人お方をぜひ助けて欲しいと思います。

4:おすすめ英語学習法はこれ!

簡単なフレーズだけお伝えしてきましたが、

『もっと本格的に勉強したい』という方もおられると思います。

とは言っても、

海外留学や英語学校に通う時間はなかなか取れない方も多いと思います。

そんな方にオススメなのは、DMM英会話です。

こちらは、自宅でインターネット上(Skypeを使用)でレッスンを受ける形の『オンライン形式の英会話』です。

パソコンはもちろん、タブレットやスマートフォン1つあれば受けることができます!

さらに、24時間365日いつでも、家で英会話のレッスンが毎日受けられます。

 

DMM英会話はネイティブの方を含む、様々な国の講師たちで構成されていますが、

初心者で不安な方のために、『日本人講師レッスン』もあります。

会員登録無料となっています。

さらに、初回2回は無料でレッスンも受けられます。

1回あたり25分ですので、日々忙しい方でも気軽に受けられるので、英会話の勉強を始めるのに最適です。

DMM英会話に無料登録する。

それではまた!