神社仏閣巡りは歩いて回ろう!京都・鴨川ウォーキングで健康長寿になれる理由3つをご紹介!

こんにちは!

皆さん『ウォーキング』していますか?

健康ブームでウォーキングをされている方も多いはず。

ですが、カロリー消費はあまり期待出来ません。

60kgの人が30分歩いただけでは、たったの95kcal

これはバナナ一本分だそうです。

出典元

※ウォーキングのカロリー計算はコチラから(外部サイト)

 

ただ、ウォーキングとある組み合わせをすることで『リラックス効果』や『脳への影響』が良い報告はたくさんあります。

それは、自然の中を歩くことです。

御朱印巡りでは、たくさん歩きます。

中でも京都はエリアを一つ決めれば、歩いて回れるところが多く

京都では自然の中を御朱印歩きをすることができるので、

歩いて健康になりたいという方にとっては最適です!

中でも、『京都の鴨川』は観光客の誰もが訪れる場所で、たくさんの方々が歩いています。

オススメは三条〜四条河原町のあたりです。

 

『鴨川ウォーキングのオススメの理由3つ』

①:自然の中を歩けること

②:ふくらはぎの筋肉をたくさん使うこと

③:好奇心をもって歩くことができること

1:鴨川で自然を感じながら歩く

自然を感じながら鴨川の河川敷を南北に歩くことで、様々な神社仏閣を訪れることができます。

①ヒーリング効果絶大!

鴨川では、川の音を聞きながら歩くことができます。

自然音にはヒーリング効果があり、疲れた脳を癒してくれます。

②自然の音に耳を傾けよう

普段歩いているときに周りの音に耳を向けることは少ないはず。

風の音、鳥の鳴き声など耳を傾けると色々な音が聞こえてきます。

それらに耳を傾けることで「今に集中」することができ、

セルフコントロール能力が上がると言われています。

2:ふくらはぎの筋肉を自然と使えてむくみ予防

①歩くと使う、ふくらはぎは第二の心臓!

歩くと自然とふくらはぎを使います。

ふくらはぎは、『第二の心臓』と言われていてとても大事です。

足が喜ぶ!第二の心臓、ふくらはぎを鍛えて健康長寿を

御朱印歩きでたくさん歩いてふくらはぎを使いましょう!

②足のむくみも予防できる

祖母と一緒に旅行に行って(東京観光)、たくさん歩いた時に

祖母が、

「いつもより、足がむくまなかった」と言っていました。

運動せずに筋肉を使わないと足の血流が滞り、むくみが出ます。

ウォーキングは、むくみ改善にも繋がるのです。

3:好奇心を持って歩ける^^

①「好奇心」は脳に大事な要素の一つ

脳の健康長寿に必要な要素は、

『運動』『好奇心』『コミュニケーション』と言われています。

京都での御朱印歩きは、この要素全てを備えています。

旅が最高!旅行で脳の健康長寿のために必要な要素『3つ』が簡単にクリアできる

②いつまでも好奇心を持とう

好奇心を持つことは、「人生100年時代」を迎える今後に、

必要不可欠なテーマと考えています。

趣味を持ち、いつまでも長い人生を送れるよう好奇心を大切にしてくださいね^^

4:京都の鴨川でまずは歩いてみよう

①鴨川は、京都の大動脈

鴨川は、京都市街地を南北に流れる川ですので、

京都観光の起点に最適です。

鴨川周辺には、ここで挙げきれないほどの神社仏閣がたくさんあります。

『清水寺』『八坂神社』『三十三間堂』などなど

鴨川を歩くだけでもたくさんのいい効果はありますが、

ぜひ鴨川を起点にたくさんの神社仏閣を巡ってください♫

それでは!